スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- |スポンサー広告  

ぼくらの2日間戦争。番外編。

今回の出産には
奇跡だと思える出来事があったというお話。と余談を少々。



このブログを覗いてくれてる方達はご存知のとおり
私の妊娠40週1日はいろんなことがありました。

双子の片方の子が亡くなったとき
担当医師には

週数が短いから、多分胎盤に吸収されると思う。

そう言われてたチビベビちゃんは
ちゃんと、ベビと一緒に
出てきてくれました。

なんと、へその緒もちゃーんとあったんだよ。

出産の次の日だったかな?
チビベビちゃんを見ますか?と聞かれて
親として対面することにためらいは無かった。
殿とママンと3人で対面したんだけど
もちろん、人とは言い難いかもしれない。
見ることができない人もいると思う。
でも、私にとっても、殿やママンにとっても
それは、まぎれもなく私たちの大事な子供だった。
ちゃんと私たちに会う為に
ベビと一緒に頑張ってくれたんだね。

なんて親孝行な娘なんだろう。

少し、笑える話なんだけど
へその緒を入れてくれた袋に
「sumikaベビー ?子」と書いてたのね。
(2番目の子っていう意味でね。
その袋を見た、殿とママンは
「?子」を「ニコ」と読み
チビベビちゃんを「ニコちゃん」と命名してしまった。
そしてママンは
「笑顔」と書いて「ニコ」と読ませることまで決定。
出生届けは出せないから戸籍とかには残せないけど
きちんと名前も決まってよかった。
(かなり現代的な名前になったけど(笑)
ちなみに、その名前の経緯は
病棟の看護師さんたちの間で
かなり盛り上がったらしい。

きちんと産まれてきてくれたので
火葬もできることになった。
いろんな手続きは殿がしてくれた。
死産届を出す為に、
出生届も一緒に出した方がベターだということで
ベビの名前も早々に決定。
元々、ほぼ決めてたから良かった(*^ー^)ノ
(この話は、また今度。

火葬は術後3日目。
血液検査の結果次第だったけど
絶対、行きますからって結果聞く前から準備してた。
(軽度の炎症反応と貧血しか出てないみたいだったけどね。

火葬場による前に、お店に寄って
お花を買ってもらった。
かわいいピンクのカーネーション。

一般の方たちと一緒にならないようにと
火葬場の人が配慮してくれたみたいで
朝一でしてもらい、貸し切り状態。
火葬には30分くらいかかるから
当初は、灰も残らないかもしれないと言われてた。

着くまでは大丈夫だったんだけど、
着いてから点火するまでは、
どうにもこうにも気持ちは押さえられなかった。
でも、その日の病院から出て帰るまでの時間は
ニコちゃんだけの時間だと決めてたから。

思ってた時間よりも早く呼び出しがかかった。
どうやら、これも配慮してくれたみたいで
火葬の時間を早めてくれたみたい。

灰も残らないどころか、骨がちゃんと残ってたんだよ。

これには、担当のおっちゃんも驚いてたな。
灰とか、かき集めても、
ちっちゃい瓶に収まる程度だし
ほんとーにちっちゃかったけど
それは、まぎれもなく骨だったし、
ニコちゃんがいたっていう証だった。

退院した後に
ベビのおくるみとお揃いの配色で
瓶を包む袋を作ってあげました。
母親として、これくらいしかしてあげれなかったけど
ニコちゃんは本当に親孝行な子供でした。

帝王切開したから
すぐには、次の子供を考えないけど
いつか、また私たちの元に帰って来てほしいな。

夢だった双子の母親になることを叶えてくれてありがとう。


その後、ニコちゃんの遺骨をどうするかについて
少し、ぐだぐだしましたが
私の意見を押し通しました。
誰に何を言われようと、
私には押し通せる自信があった。

殿とママンで今後どうするか話し合ったみたいだけど
ママンは、殿に私の意見を聞くようにということと
あんたたち2人で決めたらいいと言ってくれてたみたい。

殿から相談を受けたときに
私の気持ちを伝えたら、それでいいと言ってくれた。

その決定事項を、すぐに殿家に伝えてくれてたら良かったのに
どうやら伝えてくれてなかったみたいで
退院したときに殿ママに報告したらその話になった。
2人で決めたらいいとは言ってたものの
結局、お墓うんぬんの話になったので
最終手段を使って一件落着しました。

ちなみに…

私の気持ちはこうだ。

お墓に埋葬してあげることに関して意義は全くない。
でも、今すぐに殿家の墓に入れる気はさらさらない。
お墓に埋葬するなら、自分たちできちんとお金を貯めて
しかるべき時期に、自分たちでお墓を建てて埋葬してあげたい。
それまでは神社とかに供養してもらう形を取りたいのだ。

なぜか。

殿家のお墓に今すぐ入れてしまったら
毎年、法事やらお盆やらあるから。
毎年毎年、命日が誕生日とセットになる。
それでなくても、
あの子の分まで生きなくちゃとか周りに言われるだろう。
特に年配の方たちに。
子供は、周りが思うほど子供じゃない。
いろんなことを自分なりに受け止めるのだ。
もちろん、ベビが私と同じように感じるとは思って無い。
ベビが、この先どのように育って
どう感じ、どう思うかはわからない。
だけど、ベビは2人分生きる必要はない。
ベビはベビだけの人生を生きればそれでいい。

スポンサーサイト

テーマ : 家庭内事情 - ジャンル : 結婚・家庭生活

2010/11/20 01:25 |出産COMMENT(4)TRACKBACK(0)  

コメント

そうだねぇ。
私も出産と、流産したのがちょうど同じ日だから
(1年違いの)
sumikaちゃんと似たような気持ちだよ。
(なんか似たつながりがあるねw)
sumikaちゃんがそう思うのは、
前に従兄弟のお姉ちゃん(違ったかも)のことが
あるからだよねぇ・・。

私はなつにお姉(兄?)ちゃんがいたことを
いつか話すだろうけど、
そうだな~。でも、
産まれてこれなかった命があるから、
決して自分の命を粗末に扱ってほしくはないって
それだけは伝えたいな。

No:1631 2010/11/20 18:21 | はのい #9/.aS1Oc URL [ 編集 ]

>はのいたん
うん、あたしもそう思うよぉ。
不思議だよね~。

どう伝えるかは、まだわかんないけど
伝えることに抵抗はないんだよね。
ただ、私と殿とベビだけの
あったかい儀式(?)みたいのに
(うまい言い方みつからん(゜▽゜)
したいんだよね~。
お墓にすぐに入れちゃうと
すごい現実的になっちゃうからさ。
難しいかもしれないけど
ムズカシク考えないようにしたいもんです。

No:1632 2010/11/21 00:49 | sumika #- URL [ 編集 ]

自分の分だけ生きるだけでも精一杯ですごいことです。
色んな人が(よかれと思って言うからややこしい)色んなこというけどねぇ。
そして僕はまだまだ幸せ探し中
まぁぼちぼちやるべ

No:1633 2010/11/23 09:50 | ごうにぃ #- URL [ 編集 ]

>ごうにぃ
そうなんだよねー。
善意で言ってるのはわかっちゃいるけども。
まーアレだ。
最近、あまのっちに似てるって言われない?(笑)
とりあえず、我が弟と一緒に痩せなはれ(笑)

No:1635 2010/11/24 21:32 | sumika #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。