スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- |スポンサー広告  

ご報告

えーとですねぇ。
変な病気にかかりました。

それは何週間前に歯医者に行った日のこと…。

あごとゆーかほっぺが痛くて
またなんか虫歯ができたんやろーか(-_-メ)
てな感じでホントは行ったの。

そしたら、それは親知らずのせいじゃない?
てな感じで解決したんだけど、
変な白いの出来てることが
発覚したんですよね。
それが口内炎みたいな痛みも違和感もない…
痛くない方が怖くない??
なんか怖くない??

んで、
とりあえず、薬で洗浄を何回かやってもらったんですけど
症状の改善がみられなかったのー(-_-メ)

まぁ。痛くないから実感も湧かんのやけど…

虫歯とか歯のことなら診断は簡単なんやけど
歯茎やら口腔内ことは診断は難しいとのことで
1回、歯科大病院で診てもらおう
てなことで
本日、入社以来
初の夏期休暇以外の年休を使わせてもらいましたー。

初の歯科大…。

やっぱ、あれだね。
大学病院って待ち時間が長い…(-_-メ)

でも、研修医とか実習やらで
若い男の子がわんさかいた!!
うちには無い光景だ(笑)
しかもイケメンが多かった!!

で、おいらの担当になるはずの先生が
学会で不在だったので
かわりの先生が診てくれた。

ものすご、人がいい感じで
大学病院のようなとこは不向きだろうなぁと
勝手に思ってました(笑)
あの人は地域医療に向いている!(お前誰やねん(笑)

肝心の診断ですが…

どうやら2つの可能性があるようです。
左右の奥に出来てるのは
おそらく「扁平苔癬(へんぺいたいせん)」だろうと。
聞き慣れんよねー(-_-メ)
どーやら珍しい病気らしーよ。
難治性らしくて
よくなったり、また再発したりの繰り返しらしい。
ひどくなったら痛みとかあるらしいんやけど
その時の状態によって
ほっといたり薬を投与したり…。
とにかく、経過を見るのが大事らしい。

そして、もうひとつ
舌の裏に出来てるのは
同じく「扁平苔癬」の他に
「白板症」の可能性もあると。
これまた珍しいわねー。
これも、経過観察が大事になってくるようで…。

どっちも、20代では珍しいらしいよ。
なんでなるかとかの
原因は不明らしい。

いちよう偶然ではあるけど
早期発見??できたので
よしとしとこう!!
(痛いわけではないからいつ出来てたなんかわかんないんだけどね…
舌の裏の方は1ヶ月前くらいに、これまた偶然発見してたんだけど
痛くないから放置してました…(/_;)

とにかく薬(これがホントに面倒臭い!!)を
2週間続けて、もう一回行って来ます!!

スポンサーサイト

2007/06/22 00:18 |独り言COMMENT(6)TRACKBACK(1)  

コメント

あら②なんだかやっかいな病気に捕まっちまったねぇΣ( ̄□ ̄;)お大事に~★ちなみにそのイケメンの中にマイダーリンいたかしら?!(笑)

No:1004 2007/06/24 02:31 | kuwapon #- URL [ 編集 ]

私も昨日歯医者いってきた。
虫歯で8割くらいぼっこり穴あけてきた。
そしたらほっぺの内側が超いてぇんだけど・・・・なんでだ。

No:1005 2007/06/24 10:02 | あさみ #- URL [ 編集 ]

>kuwapon
そうなんよ~。捕まっちまったよ(-_-メ)
ユアダーリンがいたらおもろかったのにねー(笑)
土曜はヨロピクね~(*^。^*)

>あさみん
8割って…。かなりのほったらかしぶりやね(笑)
超いてーって…神経傷ついてるんじゃ…
あわわ(@_@;)

No:1006 2007/06/24 20:50 | sumika #- URL [ 編集 ]

うんーー?
そんな稀な病気が2つ同時に??
なにか原因一緒なのかなーーー??

早く治るといいね!!

No:1007 2007/06/25 09:07 | はのい #9/.aS1Oc URL編集 ]

大丈夫?

No:1009 2007/06/25 17:06 | a&b #- URL [ 編集 ]

>はのいちゃん
そーなんよ(>_<)
まだはっきりとはわかんないけど…(-_-メ)

>a&b
たぶんねー

No:1013 2007/06/28 22:11 | sumika #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2007/07/26 | 健康な歯をめざして |

扁平苔癬扁平苔癬(へんぺいたいせん、lichen planus)とは、角化亢進(錯角化、正角化)が見られ、棘細胞層の肥厚を伴う炎症性の角化病変である。皮膚やに栗粒大の扁平なスミレ色の丘疹が多発する。口腔粘膜ではレース状や網目状の白斑として現れ,定型的なものは両側頬粘

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。