スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- |スポンサー広告  

堅いよーで実は思い出話

民法を見たことがあります??
(なにやら堅そうだぞ!!でも、実はゆるーいんだけどね(笑))

最初の方は、漢字とカタカナだけのふるーい文語体で、
かなり読みづらく、しかもわかりにくい…
(民法よりも刑法の方が好き)
でも、
民法第4編第5編は、俗に言う「家族法」で
比較的、読みやすいし、わかりやすい。

何が書かれてるかとゆーと、

婚姻・結婚・相続などなど、身近なことに関する法律が載ってるのです。
その中で、
第734条では、近親婚の制限が定められてるんだけど、
ようは、
「親戚でここまでは結婚は認められないよ」
ってゆーのがきちんと決められてるわけです。

ちなみに、いとこ同士の婚姻は認められてるってわけです。

しかし、親戚を好きになるってことあるんだろうか…??
と考えてみる…。





あっ!!あるっ!!(笑)



かなり、ちっちゃな頃の話だけど
今まで、誰にも言ったことがない。
なんか、言ったらホントに好きになりそうで、
言わなかったのが本当のところかなー。
そう考えたら、本気で恋してたのかも…!!
私の初恋は小5の時だって、今まで信じてたのに(笑)
よっぽど大切にしてた想いみたいだねー(若干、人事(笑))
たぶん、この先、会う機会も無いかも。

なーんて。
ちょっぴり、センチメンタルなsumikaでしたとさ。

スポンサーサイト

2006/03/30 23:06 |思い出COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。